仙台暮らし

仙台のいいところ教えます

辞めてどうなったのか

4年目ぐらいに、仕事が合わなくて、「適応障害」と診断され退職しました。

原因はいろいろあると思いますが、我慢しすぎたことが一番だと思います。

気がむいたらまた書きます。

 

さて、巷には(ツイッターとか)、

「嫌な仕事なら辞めちゃおう、次があるさ」

みたいな論調が多くみられます。

そんで「元気づけられました」「私も辞めてよかったです」

みたいなコメントがつくのを多く見ます(自分だけかもしれないけど)。

 

自分の場合を書こうと思います。

1社目 大企業子会社

福利厚生バッチリ。企業年金あり。

基本給16万7000円。

残業、多い時で80時間。

ボーナスは年間1.6カ月分くらい

 

2社目 地元中小企業

住宅手当なし。通勤手当半額ぐらい。扶養手当などなし。企業年金なし。

基本給21万円くらい(すいません、うろ覚えです)。

残業ほぼなし。

仕事内容は研究職で、自分のやりたい仕事。

将来的な昇給見込みもなし。

ボーナス不明。

 

やったじゃん! 給料上がったじゃん、と思い勝ちですが、

地方から、中枢都市に引っ越したためです。

とにかく食品系は地方採用、総合職、問わず給料が安い。

この会社は試用期間で首になりました。

理由は仕事ができないから。

不当解雇じゃねーの、と今でも思ってますが。

この時期は1社目で患った病気の関係で、抗不安薬を飲みながら仕事に行ってたので、その影響だと思われます。そうであって欲しい。

 

3社目で、派遣に入り。

4社目で現在。

現在の会社は2社目と同じ研究職です。

社内ベンチャーとのことで、採用していただけました。

開発部署に、自分の上司と自分しかいない…。

それでも入社を決意しました。

研究職を中途入社で希望するときに、ハードルになるのが「実務経験」。

この会社で「研究職としての実務経験をつもう」と思い入社。

入ったら、上司になるべき人が辞めてました。

 

 

それでも、あなたは転職しますか?