仙台暮らし

仙台のいいところ教えます

就職にどこ使ったのよ? / 利用したサイトについて。リクナビは使うな

今回の記事では、

「お前の不本意な就職は分かった。じゃあお前の就活はどうやったの?」

というところにフォーカスを当てたいと思います。

 

使ってたサイトはみなさんご存じ、リクナビマイナビ、エン・ジャパン、それからハロワの4つです。

最終的に、エン・ジャパンに乗ってるサイトに採用が決まりました。

この後転職活動もしましたが、結果として自分が思うのは

 

リクナビは使えない

 

ということでした。高偏差値の大学はあてはまりません。偏差値50の、僕の話です。

求人数ナンバーワンがどうしたって話ですよ。

 

理由は主に1つ。「そんなところに就職できないから」です。

エントリーが手軽で、「その気」になっちゃいます。その気というのは、就職活動をしてる気持ち、ということです。まったく前進してないのに、活動してる気持ちになってしまうんですね。

 

自分の大学のホームページを見て就職先を確認しました(28年度のデータです)。

リクナビに乗ってるような会社に就職したのは22%、隣の学科(分子系)で44%です。

僕の大学では、みなが知ってるような企業には入れません。

ホワイト企業ランキング」とかありますが、そんなもの関係ありません。

だってそんなところに就職できないから。

 

(追記。

僕の大学の工学部で計算してみたところ、

 リクナビ登録サイトは66%と比較的高水準。

就職先を公開してる旧帝大を参考にすると、理学部で90%、農学部で100%でした。

リクナビがどの層に向けて運営されてるか分かりますね)

 

 

求人数がいくらあったって、身の丈にあった求人がなければ意味がありません。きっとそれで多くの就活生が無駄に苦労してるのでしょう。

 

まず自分の大学(あるいは希望してる大学)の就職先を見てください。

よーく見て、分析してください。

全国規模のメーカーなのか。

……それとも地方レベルのスーパーなのか。

地元の信用金庫なのか。

それが、あなたが受けるべき企業です。

 

自分の場合、その分析と実行力が足りず、身の程知らずな就活になってしまったと思っています。