仙台暮らし

仙台のいいところ教えます

就職先について / 地方大出身者は公務員を目指せ

前回の記事に多少引き続きますが。

 

「それじゃあどうすればいいのよ」

 

そんな声が聞こえてきそうです。

 

 

公務員がてっとり早い

 

と考えます。

学歴に関係なく、同じラインに立てるからです。

公務員も教員から、県庁市役所、税務署、国家公務員など様々がありますが、それはまた別の機会に。

とにかく、公務員になれば当たりはずれの「ブレ」は少なくなると感じています。

 

同率で、地方銀行なんかも給料がいいのではないでしょうか。

 

 

「それじゃあ全然ダメなのか」

というと、そうでもない。

地方大学には地方大学の戦い方があります。

それは、

その地方ならトップの学歴である

ということです。

札幌仙台東京名古屋大阪福岡、大きい都市に行けばそりゃー上を見ればキリがないくらい、頭のいい人間が集まっています。そんなところで戦ってもしょうがないのです。

岩手なら岩手内の、山形なら山形内の地元の中小企業を受けましょう。

地元出身者しかいないのであれば歓迎されます。

東京に行った優秀な人間が地元の中小企業に出戻ることはほとんどなく(ゼロではない)、あなたが優秀ゾーンに入れる可能性が高いです。

自分もこの枠で採用されました。

ただし、公務員ほどの待遇は望むべくも……ということだけは念頭においてください。

ボーナスや休日少ない、退職金が出ない、厚生年金しかない、など。

残業代が出ないこともあるでしょう。

上司と話が合わないこともあるでしょう。

しょうがないです。そんなもんです。

それが嫌なら公務員一択です。

 

「地元に帰りたいよ><」と思ってる高校生がいたら、自分のやりたい勉強とか二の次にして、地元の大学に進学しましょう。それでなければ公務員になりましょう。

いろいろ考えましたが、それが手っ取り早いです。

就職はガチャだと言いますが、転職もガチャで、中小企業に限っていえば、公務員より出目がよくなることは稀だと思っています。それを越えてキャリアアップできるか、というのが当面の自分の目標です。

 

公務員になった友人は「公務員になんかなるもんじゃない」とことあるごとに愚痴をこぼしますが、ないものねだりですね。