仙台暮らし

仙台のいいところ教えます

メンタル弱者の不健康なメンタルハック(笑)術

僕はそれほどメンタルが強くない。

それでも社会人になり、理不尽に吹きさらされ、その時の経験を書いて行こうと思う。

逆説的に、こんな状況になったらすでに限界をむかえているということで、早々に見切りをつけてください。

 

気分が落ち込む。

上司に怒られた。

理不尽なクレームが。

 

ストレスが溜まったと感じる。

 

ネットで検索すれば、出てくるのは

「気持ちのいい音楽をきく」

「睡眠をたっぷりとる」

「運動をする」

「生活習慣を」

「気分転換を」

みたいなことがある。

 

あーはいはいはい(笑)

 

本当にやばいときはそんなこと効果がないのだ。

寝たって回復しないし、寝ても覚めても鬱屈している。

僕がメンタル弱いのがあるのかもしれないが。

とにかく、そんな時やり過ごした経験を書いていく。

共通していることは、心が落ち込んでいる時は体を不調にするということである。モヤモヤするより、寝不足とか頭が痛いとか腹が痛いとか、分かりやすい痛みのほうがずっとましだ。と当時の僕は思った。

 

やったことは

・寝れない時は、寝ない

あびるほど酒を飲む

・水の音を聞く

である。

 

夜寝ようと布団に入る。横になる。目をつむる。すると嫌なことが思い浮かんできて、胸のあたりがキューっとなる。

そんな時は寝ない。

携帯をいじるでもいいし、ネットでもゲームでもいい。

全く違うもので頭を一杯にする。

あげく寝不足になっても、それはそれでいい。

嫌なことが思い浮かび続けるより、「眠い」という感情の方が強いし、ずっとましである。

 

酒も効果的である。アル中になる人の気持ちも分かる。

ゲロを吐くほど飲む。次の日は体調最悪。布団の中で身動きできないぐらい二日酔いになる。けれど体調がよくなっていくにしたがって、悩みも消えていく。きっと脳はダメージを1つしか持てないようにできているのだろう。それにアルコールはわりかし記憶を消してくれる。

これもさっきと同じで、嫌なことが思い浮かび続けるより、二日酔いの具合の悪さのほうが、ずっとましである。

 

水を見る、というのは気分転換では一番効果があった。

近所に川があったので、ただひたすらぼーっと見ていた。

瞑想状態に近いのかもしれない。すっきりする。

 

もちろんこんなネガティブな働き方がいいわけない。

けれど人生において、こんな記事も何かの役に立つかもしれない。

 

 

当時の自分の仕事が肉体労働とかルーチンワークに近いのもあっただろう。

仕事は身体で覚える。

判断は上司とか、正常な思考ができる人に任せる。

自分は頭を下げること、動き回ることだけをやる。

寝不足でも二日酔いでも、身体は意外と動いた。

 

そんな風にして過ごしていた。

もちろんこんなストレス解消法は末期なので、もちろん僕は病気になった。今もまだ完治してないかもしれない。このことは、また違う記事で。

周囲にこのような言動が見られる人は注視してください。身内にいたら、それとなく退職させたほうがいいでしょう。部下とか同僚にいる場合、彼ら彼女らはキャパオーバーです。優しくする、とかじゃなくて物理的な措置をとりましょう。仕事を半分にする、とか定時で帰らせるとか。どのくらいの期間? 奇行がなくなるまでですね。そもそも仕事が合わないのかもしれないし。

 

もしあなたがそういう状態になったら?

早く仕事を辞めて、次を見つけましょう。

 

そう軽く言ってもさ、という気持ちも分かります。

それに関する記事は今度書きます。

でも次を探す、というのは正論であり、結局のところ、唯一の解決策です。

どうせ行動するなら、前にむかって行動しましょう。

では体調に気を付けて。