仙台暮らし

仙台のいいところ教えます

新卒ですぐに辞めることについて2 / 辞めないで得られたもの

石の上にも三年

 

という言葉があります。

新卒で入った会社ですぐに辞めるなっちゅう話ですね。

自分も3年は辞めるまい、と思って働いたのでその結果を書きます。

 

・ある程度のことはできるようになった

・転職でもその分野では「経験者」として扱われるようになった(キャリアになった)

・年をとってキャリアチェンジがしやすくなった

 

まず、3年ぐらい働いて、仕事のしんどいところ、そうじゃないところなどが少しずつ分かってきました。大体1つの仕事をなんとかこなせるのに、3年ぐらい必要なのではないかと思います。そういった意味では、意味がありました。

そしてそのおかげか、転職の際に「生産管理」というキャリアを生かして応募ができました。こっちのキャリアは望んでいなかったので、進みませんでしたが。

最後に、当たり前ですが年をとってしまうことです

若ければ(20代なら)チャンスは無数に転がってます。キャリアも経歴も関係なく、可能性で採用してくれます。ある程度の年になると、「何をやってきたのか」が重視され、ぐっと転職の幅が制限されます。

これを踏まえて、結論を。

 

・その業種でこの先も長く働きたいと思うなら続けるべき。

・キャリアチェンジしたい、と思うなら即刻辞めるべし。

 

また今は下働きでも、長く働けば希望のポジションにつけるというのは幻想だと思ってます。

「人に仕事をつけるのではなく、仕事に人をつける」

とのたまっていたので、永遠にやりたい仕事にはつけないでしょう。

会社はあなたのこと、やりがいとかキャリアとか、それからあなたの人生とか将来とか、そんなもんは考えてません。考える義理もありません。自分で考え、最善の選択を。

あるいは、決断を

 

 

追記。

ホワイト企業に関する記事を読むと、

「その人にあった業務に~~」

みたいなコメントがあり、大変驚きます。

世の中にはそういった親身な会社もあるのかもしれません。

身近ではありませんが。

もしそういった会社に出会えた方は、自分が幸運だということを十分かみしめて、転職などせず働いてください。