仙台暮らし

仙台のいいところ教えます

自分の「感情」を大切にしよう

「自分にとって居心地のいい場所、出来事、時間」を大事にしよう。

ストレスに強いかどうか、は思うに先天的なものが大きいように思える。

図太い人間は生まれつきそうだし、線の細い人間は鍛えたところでどうしようもない。これは気の弱いいわば「線の細い人間」として育った俺の実感である。

いくら怒鳴られようが、理不尽がつのろうが、鍛えられることはなかった。

ただ消耗するだけである。

 

では、ストレスに弱い人間は常に負け続けなければならないのか?

後天的に獲得できるもの。努力でなんとかできること。

「ストレスに対する備え」を作っておくのだ。

お気に入りの時間を作っておく。

 

好きな音楽。

好きな食べ物。

気が楽になる趣味。

夢中になれる時間。

 

そういったストックを、人より多く持つことを心がけよう。

1つがダメでも、次を試せばいい。

ただこういった「正の感情」も、理不尽や過労、疲労などが積み重なるとにぶくなってしまう。だからそうならないように気をつけよう。自分の「感情」を大事に。