仙台暮らし

仙台のいいところ教えます

上司だって不安だ

「おい、この間の〇〇どうなってる?」

 

と聞かれる前に、報告しよう。

 

上司は忙しくてイチイチ君にだした指示を全部覚えてないし、不安なのである。

 

自分の指示はちゃんと伝わってるかどうか

部下がちゃんと仕事をしてくれるかどうか

 

人をつかって仕事をするというのは難しい。

もちろん、その人なりの仕事のスタイルもある。

最終的には、仕事ができる人が全部一人でやったほうが早い場合もある。

 

けれどそれではいけない。

会社は少なからず団体競技だ。

それに、一人ですべてをこなすには圧倒的に時間が足りない。

だから、上司などマネージメント職についた人は「人を使う」ことを強いられる。

 

もちろん、人を使うのが上手な人なら問題ない。

けれど、仕事ができて昇進する人たちは、「マネジメント」が上手で出世するわけではない。それまでの業績、つまり「個人」としての仕事ぶりが評価されてはじめて役職につくのだ。

いきなり「自分でがんばれば結果がでた仕事」から「思い通りにならない他人をつかって行う仕事」にシフトチェンジがおこる。

だから、不安になる。そして指示もずさんだし、管理もできなかったり、人を育てるのが下手だったりする。

 

自分がそうなったらどうしよう、ということは、昇進してから考えればいい。

とにかく、部下としての立場でできることを考える。サラリーマンとして働くうちは、君はしばらくは誰かの部下なのだから。

 

素早い報告を心がけよう。

こまめなコミュニケーションを取ろう。

 

上司は君にだした指示を忘れてる。こともある。

そして大事な会議などが近くなって「あ、どうなったかな」と思い出すこともある。

そうなる前に、君のほうから報告しよう。すべて完了させる必要はない。

「あの時もらった指示を、いまはこのぐらいの状態で、結果はこうなってる」

という経過報告だけでもいい。

めんどくさい、と思うかもしれないが、責任が分散されることにもなる。

それに全部仕事を終えてから、いちからやり直し、ということを防ぐことにもなる。

「この方向で進めようと思いますが、いいでしょうか」

と聞くのもありだと思う。

 

コミュニケーションは質ではなく、回数だ、という話を聞いた。

たまに深く立ち入った話をするのではなく、毎日、毎回、少しずつコミュニケーションを取ろう。

上司から逃げるから追いかけてくるのである。

勇気を持って、毅然と立ち向かおう。