仙台暮らし

仙台のいいところ教えます

転職は裏切りではなく、新たな旅立ちである

f:id:terry_chan713:20181120215052j:plain

 

転職した人を笑顔で見送ろう

 

私は転職を経験しました。

新卒で入社していらい、満4年働きました。

辞めるまでは色々な葛藤がありました。

 

 

 辞めることで裏切り者だと思われたくない

まがりなりにも、入社試験を受け、スーツを着て、緊張しながら入った会社です。

「本当にこの会社でいいのだろうか」という迷いももちろんありましたが、入ったからにはがんばろうと入社を決意しました。

入社してからは、覚えることばかりでした。

食品工場で働いていたのですが、工場の中は大型の機械が多くあり、守らなければならない規則がたくさん。毎日しかられ、怒鳴られながら仕事とルールを覚えていきました。

入社して3年ぐらいたつ頃。

「あれ、意外とやれるんじゃないか」

という思いがわいてきました。

一通りのルールを覚えて、職場のリーダーを任されるようになりました。

そのころから、「転職」という言葉が頭をちらつきます。

けれど同時に、「今ここで辞めたら、期待して信頼して育ててくれた人への裏切りじゃないか」という思いが、よぎります。

がんばりすぎて体調を崩す

退職者が多く、仕事もハードになります。

工数が足りないところを、自力でなんとかカバーしようと四苦八苦していました。

現場のリーダーと打合せしながら、人員調整と補強に奔走する日々。

そんなある日、リーダーがやめました。

……まだ倒れませんでした。

リーダーがいなくなった分、自分ががんばらなければ。

みんなをフォローしなければ。

そんな思いで、それまで以上にがんばりました。

その矢先。

ベテランのおばちゃんが倒れました。

 

プツリと、自分の中で何かが切れたのを感じました。

自分のがんばりはいったい何だったのだろう。

がんばっても、何もよくならないじゃないか……。

就寝中に目が覚めて、ぼーっとしてることが増えました。

寝言で「疲れた」といい、熟睡できない日が続きました。

 

私は、精神科に通院するようになりました。

 

ちょうどよく次の職場見つかり、退職。そして…

「適応障害」と診断されました。

その結果を上司に報告。

フォローをしてくれるという。

抗うつ薬、抗不安、睡眠薬。

いろいろな薬を飲み、フラフラしながら仕事に行きました。

「もう限界だ」

自分で出した結論です。

 

ちょうどよく、実家近くで仕事が見つかりました。

転職先がどうなのか。

それは行ってみないと分からない。

「適応障害」という爆弾を抱えて…。

どこまでやれるのか。

 

表向きは、体調不良という理由で辞めました。

親しい人には、やりたい仕事が見つかったことを伝えました。

「よかったね」と声をかけてもらえました。

「次でがんばれないいよ」と。

 

転職はたしかに、裏切りかもしれません。

けれど本人にしてみれば、必死に考え、どうしようもなくなったすえの決断なのです。

転職など、しなくていいなら、したくない。

それがその後3度転職を経験した、自分が言える言葉です。

 

だからせめて、退職する人を笑顔で見送ってください。