仙台暮らし

仙台のいいところ教えます

期待されることのメリット

運動部はメンタルが強い。

 

と、就活の時期になると言われたりする。

おっさん連中に受けがいい。

声はでかいしハキハキして、キビキビ動く。

 

それはそれとして。

社会人になってから、期待されることのメリットと、期待に応えることの重要性を感じた。

勉強はそれほどだが、日の当たらないところでこつこつ努力を続けてきた僕だった。「期待」などというものとは、およそ縁が遠いと思っていた。けれど、社会人になるといろんな人間関係の力場の中で動かなければならない。

 

今日は期待されることのメリットについて記事を書く。

 

人は相手を「好き」か「嫌いか」のフィルターを通してみる。

もちろん、立場によってそれを表に出さないようにコントロールする人も多い。

けれど本質的には、その「好悪の感情」から逃げられない。

 

「好き」とはつまり、「好ましい」ということだ。

つまり、プラスの気持ちを抱いている。

期待されるということは、相手からポジティブな感情を向けられることでもある。

たしかに期待に応えるのは難しかったり、煩わしかったりする(これは別記事にするの)。

 

常日頃、「周囲の人間の感情に振り回されるな」ということを主張する僕だ。

というのも、それは逆を返せば、

「人間というのは周囲の環境に強く影響を受ける」

ということを示している。

自分の調子を整え、万全の仕事をすれば100%の結果が出せるような仕事ばかりではない。

周囲と調節し、合意を得て、意見をすりあわせる。

そんな仕事も多い。

そんなとき、相手があなたに期待、つまりポジティブな感情を持ってくれていれば、そんな摩擦がスムーズにいきやすい。

 

相手からいろいろ小言を言われたり、注意されたのは、誰だって気持ちのいいものではない。

けれどそれは期待の裏返しだ。

たしかに面倒だけれど、それをすべて突き返してしまうのは少し、もったいない気がする。

それを利用して、立場と環境を利用して、人間関係の摩擦をスムーズにしよう。