仙台暮らし

仙台のいいところ教えます

メンタル病みやすい人

よく言われるのが、

 

うつは真面目で几帳面な人ほどなりやすい

 

ということ。

 

自分もうつだと診断された。

そんな自分の性格を振り返ってみると、とうてい「まじめ」で「几帳面」だと思えない。

だから違った方面で、メンタルを病みやすいのでは? と思う人の特徴を、自分を振り返りながら書いてみる。

 

・自己主張が弱い人

・下手に空気を読んでしまう人

・くよくよしやすい。それを引きずってしまう

・1つのことを長く考え続けてしまう人(よいことも、悪いことも)

・逃げ場のない人

 

・自己主張が弱い

・空気を読んでしまう

ということだが、「相手は忙しいから言っちゃ迷惑かな」とか「相手の立場もあるのだから理不尽だけど受け入れよう」とか思ってしまう人のことである。

もし思い当る節がある人がいたら、考えを改めた方がいい。

解決策は

「グダグダ考えずに、とりあえず言え。それを聞き入れるかどうかは相手の判断だ」

というのが、最近の考えである。

 

・くよくよしやすい

・引きずってしまう

というのは、そもそも性格だから変えるのは難儀である。

長所もあって、気持ちがポジティブな時は、じっくりと長考するのが得意だったりする。それが悪く働くと、とりとめのないマイナス思考が頭の中に渦巻くダメ人間になってしまう。

解決策は「お笑いを見る」がおすすめである。

もしくは、「自分の悩みを笑い飛ばしてくれる友人を作る」こと。

そもそも共感性が高いので、相手が悩みを笑い飛ばすと、相手の感情に寄り添うことで、気がまぎれることがある。

 

逃げ場のない人

職場で、上司に怒られた。

くさくさした気分で、部下のおばちゃんを怒らせてしまった。

そんなことしてる間に、隣の部署の上司が怒ってしまった。

みたいな、日に何度も怒りが連鎖して、自分の感情のはけ口を見つけられない人である。

これは手っ取り早いのが環境を変えることだと思う。

社内に気の許せる友人が居ればまだマシだが……自分の場合は、仲のいい友人が次々と退職したので。

 

以上、メンタルを病みやすそうな人の特徴と、その人達へむけた対策である。

そもそもメンタルを病みやすい人≒考えすぎちゃう人 は、頭がにぶくなるぐらい酒を飲んだり、身体を動かすなりしたほうがいい。ストレスや忙しさがつのると、自分の感情や思考をコントロールできなくなる。あるいは、感情や思考に振りまわされてしまう。そんな時は、身体を疲れさせてさっさと寝るのが大事だ。