仙台暮らし

仙台のいいところ教えます

ポジティブに生きるコツ

実は。

 

実は僕、めっちゃネガティブです。

 

知ってた?

 

……。

ああ、そうですよね、やっぱり。

……。

 

↑この辺がネガティブ

 

今回はポジティブに生きるコツを考えたいと思います。

 

私からの提案

・ネガティブ思考はシビア思考

・ネガティブ思考は生きづらい

・そもそも思考は、考え方の「クセ」である

 

ネガティブな思考がダメかというと、そんなことありません。

危険率を多めに見積もったり、慎重だとも言えます。

一方で、ネガティブの度が過ぎると、毎日が生きづらい、ということもあります。

 

たとえば雨が振っても、

事実:雨が降っている

普通の人:雨が降ってる傘持たなきゃ

ネガティブな人:雨だ。濡れるの嫌だなぁ

 

と、自分のダメージを考えてしまいます。

自分を攻撃している、苦しめているのは自分自身なのです。

 

そんなのしょうがないじゃん。

うまれつきなんだから。

わかります。

僕も生まれつきネガティブでした。

しかし、それは変えられないものなのでしょうか?

 

アドラー心理学によると、性格とは、考え方の「クセ」のことです。

固定化された、不変のものではないのです。

子供のころ好きだったものが、好きじゃなくなった経験、あるはずです。

その逆もしかり。

人は変化していくものなのです。

 

さきほどの雨を例にとると、

ネガティブな人:雨だ。濡れるの嫌だなぁ

 

「嫌だなぁ」

の部分は、あなたの認識です。

これを、「あ、俺今また偏った捉え方をしてる」

と客観的に見るだけでも、だいぶ違うはずです。

事実は「雨が降っている」だけなのですから、あなたは「傘をさす」という対応をするだけでいいのです。

 

どうしょう?

気合とか根性ではなく、自分でネガティブな選択を選ばないようにしましょう。