仙台暮らし

仙台のいいところ教えます

理系大学院生のTOEICなどなど色々Blogを読みました

caprablogtoeic.hatenablog.jp

 

大学院生に英語は必要

理系院生のかたのブログとなっております。

内容は「理系の人にも英語力って必要なの?」というお話です。

これは実感を持って、

必要です

ということができます。

なぜなら僕も理系院生だったから。

 

英語が必要な理由

・論文や教科書、最新の研究などはすべて英語(というか、世界的にみて英語が公用語なので、そこでつまずいたら最先端についていけない)

・こまかなニュアンスで日本語に訳しづらい現象、実験方法などがある

・院生になるにつれ、日本語を読む時間よりも英語にふれる時間のほうが長くなる

 

という実体験があります。

ただ、そのためにあせってTOEIC勉強しよう!とかはならなくて大丈夫です。

・そもそもTOEICとは扱う英語の種類が違う

TOEIC:ビジネス用語 研究:専門分野の英単語

・嫌というほど読まされるので、しだいに慣れていく

・ずっと同じ分野の論文を読んでいると、同じ現象、同じ単語についての言及が増えるので、初見の論文の意味も把握しやすくなる

ということがあります。

それほど焦ることではありませんね。

英単語帳とかで必死に単語覚えても仕方ないっす。

よほど心配なら、専門の分野の論文をていねいに(これ大事)全文訳したりしてみたらどうでしょう。

 

院生になっても世界が変わるわけじゃないので、大丈夫だよ、というお話。

理系で進学を考えてる大学生の方には一読の価値ありますよ。