仙台暮らし

仙台のいいところ教えます

転職が裏切りだと言われる理由と、反論

転職は裏切りではないという記事を書いた。

 

何度も言うが、転職は裏切りではない。

よりよい環境を求めて居場所をうつる。

それは人間だけじゃなく、生物に普遍的な原則だ。

「生物」などと大きくしてしまうと、話が身近に感じられなくなってしまう。

サラリーマンをしていて、「会社を辞めたい」と思ったことがない人などいないと思う。なのにいざ自分が辞める段階になると、「裏切りもの」という言葉がよぎる。

 

「裏切りもの!」と言われてしまう人と、その反論を考えようと思う。

 

 

会社が育ててやった

新卒で入ったあなたは、右も左もわからず、先輩と上司に怒られる日々。

3ヶ月経つと少し仕事というか社内の動きかたを覚え、一年経つとなんとか一人で動けるようになる。……まだ先輩のあとは追いかけるものの。

というふうに、何もできない人間に教育をした=コストをかけたという思考が動いている。

かけたコストの分、会社にメリットを出せ、という論調である。

一見正しいように見えるが…。

じゃあ逆に考えてみよう。

いつなら退職していいんですか?

何年働き、どのくらいの利益を出したら、解放してくれるんですか。

また、辞めようと思いながら働き続けることは不義理じゃないんですか。

ということである。

自分が3ヶ月くらい仕事を辞めようとした時に、仲介をしてくれたエージェントに言われたことがある。今辞めると違約金が発生すると。

それじゃあどのくらいの期間働けばいいですか。

発生しない期間は働きます。

僕の主張はそれだ。

この手の論調で「裏切りもの」とつめよって来る相手には、

「じゃあどれくらい?」を明確にしていただきたい。

 

 

給料をもらっている

会社はあなたにお金を払っている。

なのに会社に背くなど言語道断、という論調である。

この主張もちゃんちゃらおかしくて、お金をもらった時点で契約は終了である。

その分の対価というか、労働は提供しているわけだから、いわれなき批判である。

仕事をする、働く、というのはあくまで手段である。

人生の目的ではない。

生活の糧を得る手段。食い扶持絵を得るための方法。

いくら給料をもらっているからといって、あなたの人生の主人にしてはいけない。

あなたは奴隷ではない。

 

(逆説的に、金銭的な奴隷にならないように、経済的な自由を手に入れる努力は必要である。じゃないと貧困のために、いやがおうにも会社の奴隷になってしまう)

 

転職=職場放棄 責任感のないやつ

これも1つ目と同様ですね。

 

「じゃあいつまで?」

を明確にして欲しいですね。

 

 

人はやめます。

検索してこの記事にたどりついたような真面目で人のいいかたは辞めないかもしれませんが、もっとどうでもいい理由で辞める人もたくさんいます。

というか、どうでもいい理由なんてないんです。

あなたがそう思ったなら、それは大事な理由なんです。

 

本当は羨ましい 

「裏切りもの」と言ってくる輩のうち数パーセントは、「羨ましい」という感情があるのかもしれない。

 

自分は、同じような境遇で辛くてもがんばってきた。

自分も、つらいけど辞めずにふんばっている。

お前だけ楽をするのが許せない。

 

……たとえば、こんな思考なのでは?

そんな思考の人に付き合います?

もっと自分にポジティブな思考をもたらしてくれる人に、人生のリソースを割くべきでは。

 

……まあ、ネガティブな言動に怯えてしまう気持ちも分かるんですけどね。

けれど相手のネガティブな感情に怯えすぎると、自分の人生を相手にゆだねてしまうことになりますよ。相手の機嫌で一喜一憂。

転職は極論かもしれないけど、相手から卒業して、早く自由になりませんか。